働くものの泣き寝入りはしない、させない

誰でも、一人でも入れる労働組合

えちごユニオン


ユニオン旗開きで仲間と

団結ガンバローを行う

小山執行委員長

執行委員長あいさつ

働 く 仲 間 へ

小山一郎



 昨年の参議院選挙、新潟県知事選挙の結果を受けて、闘いの強化を決意している仲間の皆さんに、心から連帯の挨拶を申し上げます。
 自公政権による危険な改憲策動は続き、増税、原発再稼働、労働法改悪など、一層の国民イジメの政策に晒されています。その一方で、劣勢を跳ね返し、参議院選挙区では、2000票差で勝利し、新潟県知事選では、選挙戦直前の立候補にもかかわらず、柏崎原発再稼働反対を鮮明にした米山隆一さんを押し上げた新潟のオール野党の力、圧勝した沖縄のオール沖縄の闘いは、教訓とともに展望を確信することができました。生活と権利、平和と民主主義の発展へ、闘う者の連帯が今こそ強く求められています。私たちえちごユニオンもその一翼を担えるよう奮闘する決意です。
 さて、ユニオンは今、月1回の無料労働相談を柱に、活動を行っています。相談の中で、問題や疑問が明らかとなっており、その相談内容の多くは、相談者の「労働者の感」は正しく、企業が引き起こしたもの、企業に責任があるものです。しかし、同様にその多くは、解決するには、「努力」が必要なものがほとんどです。労働相談では、その解決の道筋をお教えします。行政の窓口も紹介します。
 その中で、理不尽に労働災害や、解雇、退職などに追い込まれ、苦しみながらも泣き寝入りはしないと、立ち上がル決意を固めた人=労働者は、組合に加入していただき、組合の役員や組合員の仲間と、ともに考え、ともに活動しながら納得できる解決を求めて闘っています。
 ユニオンにとっては、相談者と一緒に悩み考えて、共に一歩踏み出せることは、素晴らしいことで有り、楽しくも有りというところです。
 皆さんからの更なるご理解、ご協力をお願いします。共にがんばりましょう。
inserted by FC2 system